スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

NHKの講座にソ・ドヨン出演

2009 - 04/10 [Fri] - 10:28

NHK教育テレビのハングル講座は、2007年の4月から観ている。
今回は講座内のドラマに『春のワルツ』の主演ソ・ドヨンが出るのが、大きな売りになっている。
ソ・ドヨンのファンで、韓国語を勉強したいと思っている人には、いい機会になるのでは?
ソ・ドヨン

生徒役は、ますだおかだの増田。
私としては、講師補佐役のヨンア(日本を拠点にしているファッション・モデル)が綺麗なのが嬉しい。
キム・ヨンア


出演者は一年で交代するのだが、講座自体は半年クールになっている。
観続けていると、半年ごとにハングルの読み方から始まるので面倒くさい。
それでも、内容自体は大きく変わるので飽きることは無い。
講師もそれぞれ特色があって、前年度のイ・ユニさんの講座は発音に関して非常に勉強になった。


ただ、ずっと気になっているのは「ハングル講座」という番組名。
ハングルというのは文字の名前だ。
さすがにハングル語とは言っていないものの、「ハングル講座」と言っても似たようなもので、日本語で言えば「ひらがな講座」のようなニュアンスになる。

実際には「韓国語」と呼ぶか、「朝鮮語」と呼ぶかは難しい問題らしい。
市販の韓国語テキストでも「韓国語」と表記してある物と「朝鮮語」と表記してある物に分かれる。
国営放送のNHKの立場としては、どちらかに限定する事を避けたのだろう。

しかし、番組名だけならまだしも、実際に講座で「では、これをハングルで言ってみよう!」のような言い方をしているのが大きな問題だと思う。
勉強していけばそれが間違いである事はすぐにわかるが、もし初期段階でやめてしまえば誤解したままの人も出てきてしまうはずだ。
NHK的立場を重視するあまり、間違った情報を流し続けるのは、いかがなものかと思うが・・・

スポンサーサイト


↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

宮のサウンド・トラックとジョンフン

2008 - 04/17 [Thu] - 08:52



宮(クン)~Love in Palace 』のオリジナル・サウンド・トラック。
このCDでは最初に歌物が続けて入っていて、その中にはこんな曲あったっけ?と思う曲もある。
歌物は特に面白いとは思わないが、2曲目の「君も…僕も愚かだね。」という曲は好きだ。
聴き所は、やはり後半の演奏曲の部分。
『宮』の感想の本文でも書いたが、非常に心地良い音楽でCDを聴くだけでも充分に楽しめる。
韓国ドラマのサウンド・トラックとしては、かなり優秀な部類に入ると思う。

上の画像は『宮』のオリジナル・サウンド・トラックの日本盤。
私が持っている韓国版のCDには、HowLの「おうむ」という歌物が入っていない。
なので、これから買おうという人には日本盤をお奨めする。


ちょっと遅れて見ることになってしまったが、NHK教育テレビの韓国語講座の前年分の最終回(3月の最後)にジョンフン(キム・ジョンフン)が出ていた。
生徒の卒業試験としてジョンフンに大阪を案内するという企画だ。
私のようなおじさんが言うのも変だが、ジョンフンは可愛いねー。
普段の彼は『宮』でのちょっと陰のある役よりも、さらに魅力的だった。
本業の歌手だけでなく、俳優としてももっと色々な作品に出て欲しいなぁ。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

じゅよん

2007 - 12/07 [Fri] - 10:38

juyon.jpg

今、NHKTV(3ch)の「안녕하십니까?ハングル講座」に出演中のじゅよん(김주연)。

年齢は20代前半くらいだと思っていた。
昨日になって、高校生だという事を知ってびっくり!
大人びてるなー。

韓国では映画『飛天舞(비천무)』や『リング』で子役として出ていたようだ。
ドラマ『ジュリエットの男』でも、ヒロインの子供時代を演じていたらしい。
結構好きなドラマなのに、気づかなかったー。
まぁ、10歳くらいの時の映像だから気づかなくてもしょうがないか・・・

日本版の『ホテリアー』にも出たらしい。
第一回を少し観たが、あまりにもばかばかしくて、その後は観なかった。
じゅよんが出るなら、観ても良かったな。

日本語は中学2年の時から勉強していて、日本に来たのが去年の1月。
現在は日本の高校に通っているらしい。
スタイルもいいし、日本語もすごく上手い!
今後の活躍に期待したいタレントだ。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

韓国風スープ

2007 - 11/21 [Wed] - 10:29

よく韓国風スープを作る
(本場の味付けとは全然違うと思うので韓国風)。

用意してある韓国の調味料を勝手に解説してみると・・・

味噌

・テンジャン(된장): 日本の赤味噌に似てるようだが、味は大分違う。
・コチュジャン(고추장): 唐辛子味噌。これが無いと話になりません。

エキス

・いわしエキス(멸치액젓): ナンプラーなど、魚を発酵させた醤油に似ている。
・アミエキス(액체육젓): アミを発酵させたエキスだが、微妙にカニみそっぽい風味。
・カナリエキス(까나리액젓): いわしエキスに似た味だが、もっと匂いが強い。
原料はイカナゴ。私は今日までイナゴと勘違いしていた(笑)

エキス

・チンカンジャン(진간장): 韓国の濃い口醤油。日本の醤油に比べると甘い感じ。

容器を入れ替えたので写真が無い物。
・牛肉ダシダ(쇠고기 다시다): 牛肉のブイヨン風だが、結構塩分がある。
・貝ダシダ(조개 다시다): 貝(あさり)のダシ。あっさりしている。


いろいろな組み合わせを試してみたが、たくさんの種類を入れればおいしくなるというわけでは無いようだ。
そこで、私が気に入っている組み合わせでレシピを書いてみた。

4人分くらいの設定。
材料: 家にある野菜、油揚げ、牛肉ダシダ、テンジャン、コチュジャン
1: 野菜と油揚げを切って鍋に入れ、水を加える。
2: 牛肉ダシダを小さじ二杯、テンジャンを適量、コチュジャンを好みの辛さになる分まで加える。
3: 火をつけて具が柔らかくなるまで煮込む。
4: 仕上げに、お好みで、ごま油を入れる。

補足説明。
具は何を入れてもいいと思う。
テンジャンは日本の味噌とは違うので、最初から入れてOK。
間違っても日本の味噌は使わないように!
入れた瞬間に日本の味噌汁になります。

ダシダは、日本のかつおだしと違って塩分を含んでいるので、たくさん入れると塩辛くなる上に、かなりしつこい味になります。
小さじで二杯くらいが適当でしょう。
基本的にエキス系、ダシダ系は、たくさん入れると失敗します。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

同一人物?

2007 - 09/17 [Mon] - 05:53

韓国作品を色々観続けていると、同じ役者が別々の作品に出ているのに気づかず、記事にする時点で驚く事が結構ある。
そこで、今回は特に驚いた5人を挙げてみようと思う。

ハン・チェヨン
快傑春香』の主役だが、その5年前の『秋の童話』ではソン・ヘギョと取り違えられた赤ん坊が大人になった時代の役を演じていた。
『秋の童話』の時の方が、むしろ老けて見えるので、なかなか気づかないと思う。
この人は多少整形したのではないだろうか?

チョ・ジェヒョン
(ドラマ『ピアノ』の主演と言うのが、一番分かりやすいのかな?)
彼の場合は、なんと2度気づかなかった。
映画『悪い男』とドラマ『雪だるま』では、どちらも主役なのだが、刈上げ頭と長髪という見た目の違いのせいで気づかなかった。
さらに『ジュリエットの男』での、コミカルな役柄。
眼鏡をかけているせいもあるが、あまりに違うキャラクターなので今でも同一人物とは思えない。

キム・ソンリョン
その『ジュリエットの男』でチョ・ジェヒョンが仕えている悪役の女。
この人は『波乱万丈~ミス・キムの10億作り~』でも悪役の女を演じているが、別人のように見える。

ソン・チェファン
初恋』でのペ・ヨンジュンの姉役と『オールイン』でソン・ヘギョが育った修道院のシスター役。
これは完全に別人だ!
ちなみに、この人も『ジュリエットの男』に出ている。
『ジュリエットの男』は、気づかない系役者の宝庫だなぁ。

ハン・ジミン
復活』のヒロインであるが、『オールイン』ではソン・ヘギョの少女時代を演じていた。
この二つのドラマの間は2年半なのだが、ずいぶん大人っぽくなっていて気づかなかった。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

序盤がつらいぞ韓国ドラマ

2007 - 07/29 [Sun] - 17:32

韓国ドラマは、序盤から面白いと思う作品が意外に少ないので、軌道に乗るまで(面白くなってくるまで)が結構つらい。
休み休みの鑑賞になって、なかなか進まない事も多い。

なので、好きで観続けている韓国ドラマではあるが、新たな作品を観始めるのは楽しみであると同時に気が重いのも事実。
途中から面白くなればいいが、軌道に乗らないまま終わってしまうドラマはつらいのなんのって・・・
ところが逆に、序盤から面白いドラマは、観終わってみると期待したほどの作品ではない場合が多い。

mixiの韓ドラ関連のコミュニティで、「一話で断念」などという書き込みをよく見かけるが、これは実にもったいない。
面白いドラマを観るチャンスをフイにしていると思う。

そこで、少しでも参考になればと思い、今まで観た中で高得点を付けているドラマについて、序盤がどうだったかを考えてみた。

・序盤がつまらない作品
1%の奇跡』(序盤もつまらないが、それよりも終盤のつまらなさが半端じゃない)
オールイン』(基本的には子供時代から始まる作品は、あまり好きじゃない)
ジュリエットの男』(ヒロインが最悪)
天国の階段』(子供時代が嫌い。面白くなり始めたのが最も遅い作品でもある)
フルハウス』(クールなピに馴染めなかった)
星を射る』(単に面白くなかった)

・序盤が普通の作品
快傑春香』(ちょっとガキっぽい)
サンドゥ、学校へ行こう!』(その後、あれ程面白くなるとは想像もできなかった)
チェオクの剣(茶母)』(すぐに入り込む雰囲気ではなかった)
冬のソナタ』(何度も観た作品で、今では一話から好きだが、最初に観た時は普通だった。)

・序盤が面白い作品
ごめん、愛してる』(珍しいことに一話目から面白かった)

11作品中で序盤がつまらないのが6、普通が4、面白いのが1という結果になった。

では、韓国ドラマの良し悪しを判断するのには何話まで観ればいいか?
経験上では3~4話から面白くなる場合が多かったと思う。
というわけで、韓国ドラマを観る時は最低でも4話(できれば5話)まで観ることをお奨めしたい。

韓国ドラマの序盤は我慢!



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

 | HOME | 

管理人のつぶやき

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。