スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

少女漫画のように

2008 - 03/27 [Thu] - 05:24

50点

単発ドラマー2000年11月
原題ー순정만화처럼
演出ーチョン・ギサン
脚本ーシン・ヘジン

パク・チヨン・・・・グスン(漫画家)
チョ・インソン・・・ジョンヒョン(水泳インストラクター)
キム・ミンジュ・・・・・・ウネ(グスンのアシスタント)
イ・ミノ・・・・・・・・・・・・ドンミン(グスンの息子)
イ・ジョン・・・・・・・・・(多分)グスンの元夫
ホ・ジョンギュ・・・・・(多分)ジョンヒョンの兄
ハン・ジンジュ・・・・・・?


チョ・インソンが年上の少女漫画家にひかれる話。
随所に少女漫画の場面が挿入される。
それを抜きにして考えても、この作品は女性向け(特にチョ・インソンのファン向け)という気がする。

パク・チヨンが魅力のある年上女性には見えない事もあり、男性が観てもそれほど面白くは無いと思う。

ちなみにキム・ミンジュは『済州島の青い夜』のキム・ミンジュとは同名異人。
年も同じくらいなので紛らわしいが、こちらのキム・ミンジュのほうが『ラストダンスは私と一緒に』など出演作品は少し多いようだ。

スポンサーサイト


↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

済州島の青い夜

2008 - 03/21 [Fri] - 14:07

55点

単発ドラマー2004年10月
原題ー제주도 푸른밤
演出ーキム・キュテ
脚本ーパク・チスク

キム・ミンジュ・・・ヒスク 
オム・テウン・・・・ギテ 
キム・ユンソク・・・・・キョンス(ヒスクの夫)  
キム・ガプス・・・・・・ホームレス
チュ・グィジョン・・・・ギテの姉


どうしようもない男(オム・テウン)とそういう男に惹かれる女(キム・ミンジュ)を軸にした話で、他の役者は完全に脇役。
私としてはあまり好きなタイプの設定ではない。
とはいえ、つまらないわけではなく、ほぼ全編がモノクロ映像だという演出も含めて、それなりに印象に残るドラマだったとは言える。

ちなみに、次の年に『復活』に出る事になる役者が三人出ている
オム・テウン、イ議員役のキム・ガプス、探偵役のキム・ユンソク)。

私事だが、エンドロールで出てくる役者名を読み取るのが非常に困難だった。
(流れるスピードが速く、小さい白い字なのにバックも白く、コマ送りにしても画面がぶれる)。
上記以外は、それほど有名な役者は出ていないようなので割愛した。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

真実ゲーム

2008 - 03/16 [Sun] - 05:05

80点

映画ー2000年3月
原題ー진실 게임
監督ーキム・ギヨン
脚本ーイ・ピルヒョク
音楽ーチョ・ソンウ

アン・ソンギ・・・・・・チョ検事
関係者
ヤン・ミギョン・・・・・・・・・・・・・妻
リュ・ヒョンギョン・・・・・・・・・・チョ・ジヒ(娘)
イ・ムジョン・・・・・・・・・・・・・・上司

ハ・ジウォン・・・・・ハン・タヘ
関係者
キム・ヘジョン・・・・・・・・・・・・母
チョン・ブミ・・・・・・・・・・・・・・・ヨンジュ(タヘの友人。でぶ)
アン・ジノク(オ・スンウン)・・・同じクラスの生徒(証言をする)

チョ・ハロク・・・・・・・・・・・・・・チョ・ハロク(歌手)
関係者
キム・ミンジョ・・・・・・・・・・・・マネージャー
ナム・ユンジョン・・・・・・・・・・・母
ウォン・ミニ・・・・・・・・・・・・・・・恋人

ハロクのファン・クラブ
チェ・ユラン・・・・・・・・・・・・・・会長
コ・ガリョン・・・・・・・・・・・・・・・会員(タヘと仲が悪い)
ソ・ギョンミ・・・・・・・・・・・・・・・チェ(会員、白い帽子をかぶっている)

その他の人物
クォン・ヨンウン・・・・・・・・・・・ミン刑事
チャン・スンヒ(シニ)・・・・・・・放送部部員(ヨンジュをいじめる3人組のリーダー格)
イ・ソク・・・・・・・・・・・・・・・・・・タヘの担当弁護士


私があまり好きではないサスペンス系だが、これはお奨め!
実際に起こった歌手死亡事件が元になっている。

ロック歌手殺人事件の容疑者であるハ・ジウォンと、その事件を調べる検事役のアン・ソンギが主役。
取調室でアン・ソンギがハ・ジウォンを尋問するシーンを軸にして、外での捜査シーン、ハ・ジウォンの証言や関係者の証言を再現したシーンが入り乱れて出てくる。
一見わかりにくい構成のようだが、これが非常に効果的。
最後まで「真相はどうなのか?」という興味を持たせてくれる。
中でも、尋問シーンでの二人のやり取りが実に面白い。

アン・ソンギは期待通りの演技だったが、それ以上にハ・ジウォンが良くて感心した。
ハ・ジウォンは、映画ではこの作品がデビュー作だが、今まで観た彼女の演技では一番いいと思った。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

ゴースト・ママ

2008 - 03/11 [Tue] - 12:52

70点

映画ー1996年12月
原題ー고스트 맘마
監督ーハン・ジスン
脚本ーヨ・ヘヨン、ハン・ジスン
音楽ーチョ・ソンウ

チェ・ジンシル・・・チャ・インジュ
関係者
チョン・ヘソン・・・・・・・・母

キム・スンウ・・・・ユン・ジソク
関係者
パク・サンア・・・・・・・・・ソ・ウンスク(同僚。デザイナー)
クォン・ヘヒョ・・・・・・・・・ピョン・チュホ(同僚)

その他の人物
チョン・スギョン・・・・・・キム・ヘギョン(精神科医)
イ・ボムス・・・・・・・・・・・眼鏡士


10年以上前の作品なので、雰囲気は古臭い。
幽霊になって戻って来た妻と一緒に暮らすという、笑い&涙の話。
それだけを聞いても、ありがちな映画だと思うだろうが、実際その通り。
最終的な展開も、読めてしまうストーリーだ。

人によって評価が分かれそうだが、私は結構気に入った。
終盤の泣かせ所も、制作側の思惑通りに泣けた。
この手の設定が好きな人なら楽しめると思う。
チェ・ジンシルがなかなかいいし、キム・スンウもこういう役は合っている。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

キム・ボムス

2008 - 03/07 [Fri] - 13:01

キム・ボムス(김범수)といえば『天国の階段』のテーマ曲『会いたい』が有名な歌手。
個人的には、数ある韓国ドラマの曲の中でも指折りの名曲だと思っている。

最初に聴いたアルバムは日本でのベスト盤。
サントラでもないのにジャケットが『天国の階段』の写真なのは、どうかと思うが。
Kim Bum Soo

これがいまひとつだったので、この人はこの程度かなと思っていたが、そうではなかった。
このアルバムはベスト盤なのに選曲が良くない。
どういう基準で選曲したのだろうか?
単にヒット曲を集めたものだとしたら、しょうがないのだが。
とにかく入門編としてはお奨めできない。

その後に聞いた通常の2枚のアルバムほうがはるかに良い。
本来、『会いたい』が入っているのは上の写真の3rdアルバムだ。
Kim Bum Soo2
Kim Bum Soo3


今回は2004年のライブ盤を買ってみた。
DVDとCDの2枚組で、内容は同じだがCDのほうが1曲多い。
Kim Bum Soo4

初めて映像で見るキム・ボムスは・・・・・・・
ルックスが悪い。
なので、ブランコに乗って歌うというアイドルっぽい演出の曲には、ちょっと苦笑してしまった。
しかし、歌はすごく上手い。
特に『会いたい』での熱唱は感動物だった。

DVDで観るのは一回でいいかな。
次回からはCDのほうを聴くと思う。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

 | HOME | 

管理人のつぶやき

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。