スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

My Son ~あふれる想い~

2009 - 10/30 [Fri] - 08:13

63点

映画ー2007年5月
原題ー아들
監督ーチャン・ジン
脚本ーチャン・ジン
音楽ーイ・ビョンウ

チャ・スンウォン---イ・カンシク(無期懲役囚)
・関係者
キム・ジヨン---母

リュ・ドックァン---イ・ジュンソク(カンシクの息子)
・関係者
ウリ----ミミ(同級生女子)
ソウ----ヨイル(ガールフレンド)

・刑務所関係
イ・サンフン---------パク刑務官(カンシクの一日出所に付き合う)
イ・ハヌィ-----------神父
イ・ムンス----------刑務所長
チャン・ヨンナム-----矯正幹部(めがねの女)
キム・ヒョンジュン---矯正幹部
コン・ホソク--------受刑者(映画冒頭の面接の最初の男)
キム・ハッキュ-----受刑者(面接2番目)
イ・チョルミン------受刑者(面接3番目)
チャン・ジェソク----受刑者(面接4番目)
ペ・ソンイル-------受刑者(面接5番目)

・雁の声
チョン・ジェヨン---父
ユン・ユソン-----母
コン・ヒョジン-----娘
シン・ハギュン---叔父

・その他の人物
ユ・ヘジン-----ジュンソクの家の隣りのおじさん(声のみ)
チン・ウォン---(観てのお楽しみ)


終身刑で服役中の男に一日だけ外出許可が出て、男は15年ぶりに息子に会いに行き・・・という話。
この作品はネタばれなしで書くことが難しいので、今回は全て↓に。

↓ここから先はネタばれあり↓

続きを読む »
スポンサーサイト


↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

僕の、世界の中心は、君だ。

2009 - 10/22 [Thu] - 07:15

60点

映画ー2005年12月
原題ー파랑주의보
監督ーチョン・ユンス
脚本ーファン・ソング、チョン・ユンス、チャン・ムニル
音楽ーイ・ドンジュン

チャ・テヒョン---キム・スホ
・関係者
チェ・ウヒョク-----子供時代のスホ & スホの父の子供時代
キム・ヘスク------母
キム・シニョン-----キム・ジホ(妹)
パク・ヒョジュン----オ・ソンジン(友人。坊主頭)
キム・ヨンジュン---キル・ヘソン(友人。背が高め)
ソン・チャンウィ----パク・チョング(友人)

ソン・ヘギョ---ペ・スウン
・関係者
ハン・ミョング-----父
オ・ジョンウォン---母

イ・スンジェ---キム・マングム(スホの祖父。葬儀屋)
・関係者
ユン・ヒウォン---若い頃のマングム
ムン・ジョンヒ---スニム(初恋の人)& スニムの娘

学校関係
キム・ユンソク-----生物教師
ウ・サンジョン-----国語教師
イ・サンミン-------担任
ムン・ウォンジュ---ヨング(柔道部)
チェ・ウニョク------ミンス(優等生)

・その他の人物
キム・ジヨン---民宿主人
ユ・インス-----パクさん(棺桶を注文する)
イ・ユンミ-----あんま師
ハン・デソク---船のチケット売場職員
イ・ジュソク---医者


『世界の中心で、愛をさけぶ』のリメイク。
いいか悪いかは別として、韓国ならこれと同じような話はいくらでも作れると思うので、あえてこれを取り上げる必要があったのかが疑問。

ソン・ヘギョが可愛らしい前半はそれほど悪くないが、感動するはずの後半に入ると飽きてくる。
特に無駄な部分があるわけではないのに、妙にスピード感がないのが痛い。
スホの祖父(イ・スンジェ)の初恋話が中途半端なのも気に入らない。

ちなみにエンドロール中に流れるのは、日本版映画でも使われた平井堅の「瞳を閉じて」のカバーで、チャ・テヒョン自身が歌っている。

↓ここから先はネタばれあり↓

続きを読む »

↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

恋愛時代

2009 - 10/15 [Thu] - 07:16

86点

全16話ー2006年4-5月
原題ー연애시대
演出ーハン・ジスン
脚本ーパク・ヨンセン
音楽ーノ・ヨンシム

ソン・イェジン---ユ・ウノ(ドンジンの元妻。スポーツジム・チーム長)
・関係者
キム・ガプス---ユ・ギヨン(父。ラジオで悩み相談担当。牧師)
ハ・ジェスク----ナ・ユリ(友人。女子プロレスラー)
ソン・ジヨン----ユニ(同僚。水泳インストラクター)

カム・ウソン---イ・ドンジン(ウノの元夫。書店の主任)
・関係者
チェ・スハン----子供時代のドンジン
キ・ジュボン----イ・デフン(父)
ハン・ボッキ----ソン・エジャ(母)
ムン・ジョンヒ---チョン・ユギョン(初恋の相手)

イ・ハナ---ユ・ジホ(ウノの妹)

コン・ヒョンジン---コン・ジュンピョ(ドンジンの親友。産婦人科医)

オ・ユナ-------キム・ミヨン(ウノの幼なじみ)
・関係者
チン・ジヒ------チョ・ウンソル(娘)
チョ・ドクヒョン---チョ・ジェムン(元夫)

イ・ジヌク------ミン・ヒョンジュン(ホテルの結婚式場勤務)
・関係者
チェ・ジョンウ---父(ホテル社長)

ソ・テファ----チョン・ユンス(ジムに通って水泳する男。大学教授)
・関係者
チョ・ヘヨン---チェ・ヨンイン(妻)
イ・ヨンヒ-----ヨンインの母

・書店店員
チェ・ボヨン-----ハン・ジョンファ(ドンジンにほれている)
イ・ウジン------ハン・ジェボム(後にジョンファとくっつく)
ソン・スジョン---ミファ
キム・ナミ------ナ・ジンミョン

・その他の人物
ソ・ユジン-----ドンジンの見合い相手(1話)
カン・シニル---ウノの見合い相手(一人目)(9話)
キム・テヒ----ユリが勤めるカフェのシェフ



予想外に良かった。
ドラマの写真の雰囲気で悲恋物だと思い込んでいたが、だいぶ違い、前半はラブ・コメディと言ってもいいくらいだ。
原作は野沢尚の「恋愛時代」で、簡単に言うと離婚した夫婦にまつわる話。
大人のドラマという感じで、かなり好みのストーリーだった。

話が面白いので我慢出来たが、男の主役がカム・ウソンというのは無いなぁ。
この役を違う人にして、ジュンピョ(コン・ヒョンジン)とジホ(イ・ハナ)の部分をもう少し減らせば、相当いいドラマになっていたと思う。

ソン・イェジンに関しては、すっかり見直した。
似たような役ばかりだという印象があったが、この作品での演技はいい。
特に、さびしそうな表情が印象的。
今まで、この人の事を可愛いと思った事はなかったのに、今回初めて可愛いと思った。

そして、気に入ってしまったのが、ユギョン役のムン・ジョンヒ
少し声が太いのが気になるが、綺麗な人だ。

出演時間は少ないが、キム・ガプス(ウノの父役)も非常にいい味を出している。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

犬とオオカミの時間

2009 - 10/09 [Fri] - 02:53

70点

全16話ー2007年7-9月
原題ー개와 늑대의 시간
演出ーキム・ジンミン
脚本ーハン・ジフン、ユ・ヨンジェ
音楽ーファン・サンジュン、ノ・ヒョンウ、リュ・ヒョンウク、マ・サンウ

イ・ジュンギ---イ・スヒョン
・関係者
パク・コンテ-------スヒョンの少年時代
パク・ヒョジュン----アファ(タイのガイド。後に弟分に)
キム・ジョンナン---ユ・ギョンファ(母。タイ検察庁検事)

ナム・サンミ---ソ・ジウ(アリ・リラット)
・関係者
チョン・ミナ-------ジウの少女時代
チョン・ソンモ-----ソ・ヨンギル(養父)
ホン・チュンミン---ヘソン(母)

チョン・ギョンホ---カン・ミンギ
・関係者
イ・ギヨン---カン・ジュンホ(父。国家情報院室長)
イ・ミヨン---ミョンエ(母)

チェ・ジェソン---マオ・リラット(ジウの実父。チョンバンの幹部)
・関係者
チェ・ジホ------ジラフ(ボディガード)
パク・チョンウ---ムン理事(部下)
チャ・スヨン-----シャオミン(後妻)

・国家情報院
キム・ガプス-------チョン・ハクス(部長)
チョン・ギョンスン---オ・スンジュ(海外第1チーム。女性チーフ)
ソ・ドンウォン------チェ・イルト(海外第1チーム。髪が横分け)
シン・ソンギュン----キム・ジョンウ(海外第1チーム)
ムン・ジェウォン----ミン・ホヨン(海外第1チーム。髪が短い)
パク・ミスク--------ク・ソンヒ(海外第1チーム。女性)
パク・ヒョックォン---パク・キホ(情報分析チームのチーフ。ミンギの上司)
パク・ヘウォン------コ・ミョンジェ(情報分析チーム。女性)

チョン・ホビン---チョン会長(蜘蛛派の会長)
・関係者
イ・テソン-------ペ・サンシク(蜘蛛派幹部)
パク・チェウン---サンシクの部下

・その他の人物
ソン・ジル--------ピョン・ドンソク(情報ブローカー)
ハン・テイル------チャン大人(チョンバンのボス)
イ・ハンソル------トニー・パク(チョンバンの中堅幹部。マオと敵対)
イ・イルチェ------スティーブン・キム(産業スパイ)
イ・ドリョン-------美術館でジウの作品をほめる男(2話)
ハン・ドンファン---ジウの見合い相手(5話)
キム・ヨンオク----スヒョンを救うおばあさん(7話)


話のテンポが良くて一気に観れてしまう作品。
話が面白くても観るのに疲れるドラマもある事を考えると、一気に観れるのは重要な要素だとあらためて思った。
重い話なのに、意外にそれを感じさせないのも不思議だ。

とは言っても、評価としては微妙で、いい作品とは言いきれないところがある。
その大きな原因は中盤の設定なのだが、ネタばれになるので後で書くことにする。

主役の3人の中に特に好きな人がいるわけではないが、それぞれ好感は持てる。
3人とも、あまりアクが強くないタイプの役者なので、そういう意味では万人受けする作品かもしれない。

むしろ面白みがあるのは脇役だ。
冷酷だが人間味も持ち合わせているやくざのるマオと、とことん冷酷な国家情報院部長(キム・ガプス)の対比が興味深い。
どう見ても国家情報院部長のほうが悪人に思える。

↓ここから先はネタばれあり↓

続きを読む »

↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

オンリー・ユー

2009 - 10/04 [Sun] - 07:17

49点

全16話ー2005年6-7月
原題ー온리유
演出ーチェ・ムンソク
脚本ーファン・ソンヨン

ハン・チェヨン---チャ・ウンジェ(料理人を目指す)
・関係者
ソン・オクスク--------パク・ミジョン(母)
チョン・ウォンジュン---チャ・ソンテク(父)
チョン・ヘビン--------チャ・スジェ(妹)
イ・ビョンジュン------チャ・ジンソル(息子)

チョ・ヒョンジェ---ハン・イジュン
・関係者
チョン・ウク------ハン・スンリョル(父。テヨングループ会長)
イ・アヒョン------ハン・イギョン(姉。テヨングループ理事)
チョン・エリ------ユン・ヒジン(母。パスタ名人)
ソン・チャンフン---友人(3話)

イ・チョニ-----チョン・ヒョンソン(ウンジェの友人)

ホン・スヒョン--チ・スヨン(テヨングループ勤務 。イジュン一家と昔から知り合い)

・イタリアンプラス1号店
イ・ジョンナム----チュ・ギョンソン(チュ室長)
イ・スンヒョン-----カン・ビョンフン(シェフ。チュ室長の元夫)
ペク・スンヒョク---ナ・マノ(第2シェフ)
ハン・サンジン----ト・ジェヒョク(男性店員)

・その他の人物
キム・ヨンホン-----カン理事(テヨングループの理事)
キム・ヒョンボム----チェ・ナミル(スジェの上司)
メン・ボンハク------ラーメン料理大会の審査員(頭髪後退気味の人)(1話)
シン・ジュニョン-----ウンジェの家に来る借金取り(2話)
ユ・スンチョル------ニンニク農家(年寄りのほう)(5話)
クォン・ビョンギル---チェ・ソヌ(料理評論家)(6話)
パク・ギュチョム----不動産屋(ウンジェが契約する)(11話)
キム・ヒジョン------料理家(ウンジェが助手をする)(14話以降)
キム・インテ-------チョン・インテク(テヨングループの筆頭株主)(15話以降)


前半は可もなく不可もなくといった感じだが、とにかく後半がつまらなくて苦痛だった。
小出しに色々な出来事が起こるものの、展開が遅くて飽きる。

そもそも、このドラマの大きな問題点は、中心人物の4人の中に魅力的な人がいない事だと思う。
後半のダラダラした展開はその事を強調しただけだ。
ヒョンソン(イ・チョニ)とスヨン(ホン・スヒョン)もうざいが、ウンジェとイジュンも十分にうざい。
おかげで、途中からはウンジェ(ハン・チェヨン)とイジュン(チョ・ヒョンジェ)という主役のカップルを応援する気にはなれなくなってしまった。

長所とは言えないが、他のドラマではなかなか味わえない点はある。
それは、ツッコミ所が非常に多い事だ。
韓国ドラマの場合、たいていツッコミ所が二つや三つはあるものだが、これほど大量にあるのは珍しい。
この後はツッコミ所をまとめてみた。

↓ここから先はネタばれあり↓

続きを読む »

↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

 | HOME | 

管理人のつぶやき

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。