スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

101回目のプロポーズ(第101次求婚)

2007 - 04/07 [Sat] - 11:49

19点

全20話ー2004年10月ー
原題ー101번째 프러포즈
監督ークラレンス・フォ
脚本ーチェ・ワンギュ

チェ・ジウ・・・リー・シャオロン
関係者
ウー・ジィアニイ・・・・・リー・イーシュエン(妹)
リウ・シャオフォン・・・シー・ジン(元婚約者。指揮者)
ホワン・ジィウェイ・・・チェン・ズージュン(後輩バイオリニスト)
ジャン・イェン・・・・・・ジャオ・ユンナア(友人)

スン・シン・・・ジェン・ジンタイ
関係者
ユィ・イー・・・・・・ジェン・ジンユエン(弟)
ファン・ユエン・・・スー・ジン(ジンタイに惚れるウェイトレス)


日本のドラマ『101回目のプロポーズ』を中国と韓国の共同制作でリメークしたもの。
日本では野島伸司による全12話だったものを、韓国の脚本家が20話に作り変えた。

中韓の合作ではあるが、観た印象は韓流ドラマというよりも限りなく華流ドラマだ。
音楽こそ韓国の歌が流れるが、舞台は上海でチェ・ジウ以外の俳優は台湾、香港、中国の人達。

セリフも中国語。
韓国作品を観るのは、韓国語の響きが好きという理由もあるので、これはつらい。
だが、一番問題なのはチェ・ジウのセリフが中国人俳優によって吹き替えられてしまっている事。
チェ・ジウの口の動きは、聞こえてくる言葉と同じことを言っているように見えるので、セリフを覚えられなかったというわけでもなさそう。
ということは、あまりにも発音が悪すぎて吹き替えざるをえなかったのだろうか?

どんな理由であれ、チェ・ジウの肉声が聞けないのが痛すぎる。
チェ・ジウ自身は、なかなかいい演技をしていて、はまり役だと思うだけに非常に残念!

「僕は死にましぇん!」と言うセリフの有名なシーンがあるが、さすがにインパクトに欠ける。
ここは、やはりオリジナル版の武田鉄矢じゃないとねー。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gameriku.blog71.fc2.com/tb.php/117-4a710b86

 | HOME | 

管理人のつぶやき

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。