スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

八月のクリスマス

2007 - 04/17 [Tue] - 11:25

50点

映画ー1998年1月
原題ー8월의 크리스마스
監督ーホ・ジノ
脚本ーオ・スンウク、シン・ドンファン、ホ・ジノ
音楽ーチョ・ソンウ

ハン・ソッキュ・・・ユ・ジョンウォン
関係者
シン・グ・・・・・・・・父
オ・ジヘ・・・・・・・ジョンスク(妹)
イ・ハヌィ・・・・・・チョルグ(友人)
チョン・ミソン・・・ジウォン(初恋の相手)

シム・ウナ・・・キム・タリム
関係者
クォン・ヘウォン・・・ヒョジョン(同僚女性)
ソン・セグァン・・・・チョル(同僚男性)

その他の人物
チェ・ソンジュン・・・ソッキ(ジョンスクの夫)


春の日は過ぎゆく』、『四月の雪』のホ・ジノ監督のデビュー作。
彼の作風は、淡々としているところに特徴があると思うが、その中でも最も淡々とした作品。

もし、このストーリーが韓国ドラマとして撮られていたら、大仰な演出をされていただろう。
いや、映画にしても監督によっては、もっとあざとい演出にしただろう。
決して悪くは無いのだが個人的には、このストーリーならばもう少しあざといほうが好みかなぁ。

珍しいと思ったのは、ジョンウォン(ハン・ソッキュ)がタリム(シム・ウナ)からの手紙を読むシーン。
普通ならば、手紙の文章が映って途中から出した本人の声がかぶってくるパターンが多いと思うが、この映画は違った。
やっと読むのか!と思って観ていたのだが、結局手紙の内容はわからずじまい。
あの手紙の内容が気になってしょうがない。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gameriku.blog71.fc2.com/tb.php/124-cd366117

 | HOME | 

管理人のつぶやき

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。