スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

サンドゥ、学校へ行こう!

2007 - 05/11 [Fri] - 08:09

96点

全16話ー2003年9-11月
原題ー상두야 학교 가자
演出ーイ・ヒョンミン
脚本ーイ・ギョンヒ

チョン・ジフン(ピ)・・・チャ・サンドゥ
関係者
イ・ヨンハ・・・・・・・チェ・マンドゥ(叔父)

コン・ヒョジン・・・チェ・ウナン(高校教師)
関係者
ヨ・スンヒョク・・・・チェ・ジファン(弟)
チョン・エリ・・・・・コン・シムラン(義母)
チョン・ヘビン・・・ユン・ヒソ(生徒)
シン・グ・・・・・・・・ソン・ジョンドゥ(高校の校長)
キム・ミギョン・・・同僚女性教師
イ・ウンジュ・・・・・スッチョ(高校時代の友人)

イ・ドンゴン・・・カン・ミンソク(医者。ウナンの恋人)

ホン・スヒョン・・・ハン・セラ
関係者
ソン・ミンジュ・・・・・チャ・ボリ(娘)

その他の人物
キム・イェリョン・・・スヒ(サンドゥが相手をするおばさん)
ヤン・ヒギョン・・・・・サンドゥが相手をするおばさん(でぶ)
シン・ソンウ・・・・・・ツバメ


かなり泣けた!
ラブ・コメディだと思っていたが、後半はコメディ的な要素はほとんど無くなり、感動系のドラマになる。
ストーリー良し、演技良し、音楽もなかなか。
ウナン(コン・ヒョジン)が、過去の自分とサンドゥ(チョン・ジフン(ピ))を現在の世界で観る場面(何箇所かある)も好き。

コン・ヒョジンは、お世辞にも美人とは言えないが、泣く演技が非常にいい。
私の場合、泣く演技がいいと思う役者は、すごく少ない。
泣く場面では、観ていてもらい泣きをしてしまうような演技をして欲しいと常々思っているのだが、久々にそういう役者に出会った。

ピは初めての演技らしいが、とても信じられない。
へたな俳優より、はるかにいい。

イ・ドンゴンは演技も悪くないが、何と言っても声がいい。
癒し系の声だと思う。

ウナン(コン・ヒョジン)の母役のチョン・エリも良かった。
泣けるのは、ほとんどウナンがらみの場面だったが、ウナン母がらみの場面も結構泣けた。

10話で、突然シン・ソンウが出てきたのにはびっくり。

マイナス点は、終盤が意外に盛り上がらなかった上に、最終回の終わりの方の展開が・・・・・・・
ラスト前の豚足屋のシーンが無ければ、すっきりしてだいぶ印象が良くなると思うのだが・・・



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gameriku.blog71.fc2.com/tb.php/135-74c7799e

 | HOME | 

管理人のつぶやき

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。