スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

パリの恋人

2007 - 06/06 [Wed] - 17:15

78点

全20話ー2004年6-8月
原題ー파리의 연인
演出ーシン・ウチョル、ソン・ジョンヒョン
脚本ーキム・ウンスク、カン・ウンジョン

キム・ジョンウン・・・カン・テヨン
関係者
ソン・ドンイル・・・・・カン・ピルボ(叔父)
キム・ヨンチャン・・・ゴン(ピルボの息子)
チョ・ウンジ・・・・・・・イ・ヤンミ(友人)
キム・ガヨン・・・・・・映画館での先輩社員

パク・シニャン・・・ハン・ギジュ(GD自動車社長)
関係者
チョン・エリ・・・・・・・ハン・ギヘ(姉)
キム・ソヒョン・・・・・ペク・スンギョン(元妻)
キム・ソンウォン・・・ハン・ソンフン会長(父)
ユン・ヨンジュン・・・キム・スンジュン(秘書)

イ・ドンゴン・・・ユン・スヒョク(ギジュの甥)
関係者
キム・ヒョンボム・・・友人

オ・ジュウン・・・・・ムン・ユナ
関係者
キム・サンスン・・・ムン議員(父)
ソ・グォンスン・・・・母

その他の人物
パク・ヨンジ・・・・・チェ・ウォンジュ(GD自動車理事)
イ・スンヒョン・・・・GD自動車顧客相談係
イ・セチャン・・・・・ジョンハク(自動車会社社長。ギジュの同窓生)
キム・ソンファ・・・テヨンの家の大家


80点あげても良かったんだけどねぇ。
ただ単にキム・ジョンウンの顔が嫌いというだけです(演技はいいと思うけど)。
パク・シニャンは好きとは言えないけど、この役柄はぴったりだと思う。
このドラマはストーリーも悪くないが、それよりもセリフのやりとりが面白い。

最初のうちはテヨン役のキム・ジョンウンに馴染めず、相手役もパク・シニャンということで、これは観るのがつらいかなと思った。
しかし、2話の途中あたりになると面白くなってきた。
最後まで観終わってから考えると、結局3話途中までのパリ時代が一番面白かったと思う。

テヨンの叔父の息子ゴン役のキム・ヨンチャンは可愛い子役だ。
表情(眉毛の動き)がいい。

13話でギジュが自分が乗ってきた車をバスに横付けして停めて、そのバスにそのまま乗って行ってしまうが、これは有り得なくない?
道路の端に停めたわけじゃなくて、道路の真ん中だぞ!

17話でテヨンが歌うシーンがあるが、歌声が妙に可愛らしい。
しゃべる声と全然違うのが不思議。

18話でギジュが取引をしている時のセリフで、こんなのがあった。
「日本のプロ野球の名門チームは不要な選手を獲得し、ベンチに座らせます。他球団に行けば敵になりますからね。」
名門チームと訳されているが、実際ははっきり読売ジャイアンツと言っている。
吹き替えのほうも確認したが、やはり名門チームになっている。
ちゃんと訳して欲しいとは思ったが、私はアンチ・ジャイアンツなので韓国でも巨人がこういう見方をされていることがわかって気分が良かった。

音楽では、チョ・ソンモの「君のそばへ」と「君一人だけ」という2曲がすごくいい。

ラストは賛否両論ありそうだけど、私はこれもありかなと思いました。
どっちにしても、ドラマなんだし。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gameriku.blog71.fc2.com/tb.php/151-79430338

 | HOME | 

管理人のつぶやき

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。