スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

星を射る

2007 - 07/14 [Sat] - 01:31

84点

全16話ー2002年11月-2003年1月
原題ー별을 쏘다
演出ーイ・ジャンス 
脚本ーユン・ソンヒ

チョン・ドヨン・・・ハン・ソラ
関係者
パク・サンミョン・・・ハン・パダ(兄)
ピョン・ジョンス・・・イ・ミリョン(友人。美容師)

チョ・インソン・・・ク・ソンテ

イ・ソジン・・・キム・ドフン(芸能マネージャー)
関係者
ハン・ジュン・・・イ・スンウ(経営する芸能会社の俳優)

ホン・ウニ・・・チョン・イェリン(新人女優)

その他の人物
チョ・ジョンニン・・・アジョン(ミリョンの店の美容師)
キム・ソンウン・・・ハギョン
パク・チョル・・・・・チャン・ミンス(映画監督)
イ・ビョンホン・・・・俳優(第一話で映画祭会場に入っていく)


面白いドラマというよりも、いいドラマという表現をしたい心温まる作品だ。
意外にも演出と脚本は『美しき日々』のコンビ。
珍しく、イ・ジャンスお得意のあざとさが無い。

実力派の主役二人(チョン・ドヨンチョ・インソン)はさすがにうまい。
何度か出てくるキス・シーンなんか、かなり好き。
チョン・ドヨンの恥じらう感じがいい。

パダ(パク・サンミョン)も、あまりの善良さにイライラすることもあるものの、いいキャラだ。

イェリン役ホン・ウニの演技は、いいという程ではない。
ただ、かなり可愛いのに悪女だという点でこの役にぴったりだと思う。
興奮して喋るシーンなどは、可愛い顔が醜くなる。

パダとミリョン(ピョン・ジョンス)のやりとりの部分は面白いのだが、
ちょっと長すぎるのでだれる。

難点は、14~16話。
この展開は必要ないと思った。
ラストに向けて盛り上げたつもりなのだろうが、逆に冷めてしまったのが残念。

もうひとつは音楽の問題。
韓国ドラマは著作権の関係で、日本では音楽が差し替えられることがよくあるが、このドラマの序盤はほぼ全面的に差し替えられているようだ。
ただ差し替えられているだけならいいのだが、最初に付けられていた音楽が、役者がセリフを喋るたびに小さく聞こえてしまっている。
ふたつの音楽が混ざって非常に気持ち悪い。

ちなみに第一話で一瞬イ・ビョンホンが出てきます。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gameriku.blog71.fc2.com/tb.php/165-3e6f5225

 | HOME | 

管理人のつぶやき

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。