スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

屋根部屋のネコ

2009 - 04/09 [Thu] - 16:07

79点

全16話ー2003年6月-7月
原題ー옥탑방 고양이
演出ーキム・サヒョン
脚本ーミン・ヒョジョン、ク・ソンギョン
音楽ーオ・ジヌ

チョン・ダビン---ナム・ジョンウン
・関係者
チャン・ヨン-----父(警察官)
キム・ジャオク---母
ポン・テギュ-----ジョンウ(弟)
キム・スンミン---カン・サンウ(見合い相手)

キム・レウォン---イ・ギョンミン
・関係者
キム・ムセン------祖父
カン・ブジャ-------祖母
キム・テヒョン-----ジュノ(大学の友人)
ソ・ペジュン-------ぺ・ヨンジュン(大学の友人。眼鏡をかける方)
パク・ヒョンジェ----大学の先輩
キム・ギヒョン-----ソン教授(大学の担当教授)
パク・キュジョム---大学の教授

イ・ヒョヌ---ユ・ドンジュン(広告会社の企画室長)
・関係者
ハン・ミン---ヒョンジョン(秘書。ジョンウンの友人)

チェ・ジョンユン---ナ・ヘリョン(ジョンウンと高校同期。ギョンミンと同じ大学)
・関係者

ハン・インス-------父
キム・チャンスク---母

・その他の人物
パク・ナミョン---サラ金(背の低い方)
ソ・ボムシク----サラ金(背の高い方)


それなりに面白いラブ・コメディだと思う。
ただ、観終わってから思い返してみると、所々にいい部分があるが、ドラマ全体の流れとしては大したストーリーではないというのが正直なところだ。
特に終盤は、主役の二人がくっついたり離れたりするのが激しすぎて、少々うんざりする。

それでも、面白く観る事が出来たのは、ジョンウン(チョン・ダビン)のおかげだろう。
最初のうちは、顔が好みではなかった。
どう見ても美人ではない。
ところが、観ているうちに素朴な可愛らしさにひかれてしまった(色気は全く感じないが)。
女らしさが出る部分の演技が良く、このドラマの見所になっていると思う。

室長(イ・ヒョヌ)も、最初は岩のような顔が嫌いだった。
しかし、すごくいいキャラなので、好きになってしまった。

それに引き換え、ギョンミン(キム・レウォン)というキャラは実にいらいらする。
堅実な女といいかげんな男との組み合わせの面白さを狙ったのだろうが、あまりにも調子がいい男なので腹が立つ。

どうでもいい事だが、ジョンウン(チョン・ダビン)の友達が室長(イ・ヒョヌ)の秘書として序盤に出ていたのに、いつのまにか出なくなってしまったのは何故?

挿入歌のバラードがいい曲なのだが、この曲は女が歌うヴァージョンと男が歌うヴァージョンの2種類があって女ヴァージョンのほうが多く流れる。
男ヴァージョンの方が、ずっと好きなんだけどなぁ。

今までに相当な数の韓国作品を観てきたが、吐くシーンはいまだに苦手で慣れることが無い。
この作品も、10話のはじめのほうに吐くシーンが出てくる。
チョン・ダビンがキム・レウォンに嘔吐物を吐きかけるのだが、キム・レウォンの服にラーメンが付き、そのまま寝転んだチョン・ダビンの首にも嘔吐物が・・・
多少、リアルさに欠ける所が救いだが、汚さで言うと今まで観た中でのベスト3に入る。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gameriku.blog71.fc2.com/tb.php/288-d1cf6b3f

 | HOME | 

管理人のつぶやき

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。