スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

ブレス

2010 - 09/06 [Mon] - 04:23

44点

2007年4月
原題ー숨
監督ーキム・ギドク
脚本ーキム・ギドク
音楽ーキム・ミョンジョン

パク・チア---ヨン
・関係者
ハ・ジョンウ---夫
キム・ウンソ---ミョンヒ(娘)

・囚人
チャン・チェン---チャン・ジン(死刑囚 5796)
カン・イニョン----1024(若い)
イ・ジュソク------3618(メガネ。絵を描く)
オ・スンテ-------2351(体格がいい)

・刑務所関係者
キム・ギドク-------保安課長
チョ・ソギョン------特別面会室刑務官
イ・ジョンス-------護送刑務官
ソ・ジェイク-------面会申請所刑務官
イ・ギョンホ-------警備刑務官
パク・チョルグン----接見室刑務官
キム・ジョンウォン---警備警戒所警備員

・MBS
キム・テフン------放送局アンカー(男)
チョン・ウニョン----放送局アンカー(女)
イ・ヨンソン-------現場リポーターの一人目(イ・ヨンソン。女)
ペク・ユンチョル---現場リポーターの二人目(ペク・ユンチョル。男)

・タクシー運転手
シン・テッキ-------(一人目)
ファン・インジュン---(二人目)
ソン・ミョンチョル---(三人目)


今回は台湾の俳優チャン・チェンを起用したキム・ギドク監督作品。
彼の映画は、好きな物と嫌いな物があるが、この作品はどちらかというと嫌いな部類。

一言で言うと、何を伝えたいのかが、わかるようなわからないような作品。
映画の流れとしてはわかるし、先が読めない展開もいつも通りだが、今回は大きな謎が残るのが気持ち悪い。

↓ここから先はネタばれあり↓
















ヨンと死刑囚の結び付きは突拍子がないと思う。
それ以前に、保安課長という人物が全く謎のままで終わってしまう。
そもそも、このストーリーは保安課長の意志がいなければ成り立たない内容だ。
死刑囚に対して関係の無い女との面会を許可した上に、その女の自由にさせるというのはどういう考えなのだろうか?。

実際には、保安課長の存在は大して意味が無いのかもしれない。
保安課長がこういう事を許可したら、こういう事が起こりました、というだけだとしたら納得いかないなぁ・・・

↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gameriku.blog71.fc2.com/tb.php/323-58d1004a

 | HOME | 

管理人のつぶやき

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。