スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

レストレス~中天~

2011 - 02/10 [Thu] - 02:27

68点

2006年12月
原題ー중천
監督ーチョ・ドンオ
脚本ーチョ・ドンオ/チェ・ヒデ/チェ・ドンフン/バン・エギョン/ハン・クィスク
音楽ー鷺巣詩郎/佐久間雅一

チョン・ウソン---イ・グァク(元処容隊)

・天人関係者
キム・テヒ---ソファ(人間だった時はヨナ)
チョン・ウク-------チョノン(中天のトップ?)
パク・チョンハク---チャンブ神(オカマ風)
チョ・ジェユン-----下級天人(イ・グァクの名前を霊魂リストと照合する)

・処容隊
ホ・ジュノ---------パン・チュ(リーダー)
パク・サンウク-----ヨウィ(背中から槍を出す)
ソ・イヒョン--------ヒョ(女性隊員)
キム・グァンイル---ウングィ(背中から鎖を出す。ウンゴルの兄?)
ユ・ハジュン------ウンゴル(背中から鎖を出す。ウングィの弟?)

・その他の人物(中天)
チョン・ソギョン----中天の男(イ・グァクに中天を案内する)
ユン・ウォンソク---貴族(中天での服が不満)
ソン・ヨンスン-----パジョンおばあさん(チヂミを焼く)

・その他の人物(現世)
シン・チョルジン---村長(イ・グァクが中天に行く直前に訪れた村の)
チョン・ミナム-----扇動住民(ヨナの家が焼かれる時に先頭に立つ)


死者の霊魂が転生する前にとどまる中天という世界が舞台のファンタジー。
一言で言うと、CGに力を入れ、主役にイケメンと美女を配した映画。

確かにCGは凝っている(背中から鎖が出てくるのは笑える)。
ただ、私はCGよりもストーリーや演技を重視するタイプなので、戦闘シーンのCGにはあまり興味が無い。
でも、霊魂が切られて花びらのように散っていくシーンは、綺麗かつ、はかない感じがしてなかなか良かった。

かっこいい役のチョン・ウソンについては、「またか・・・」という気がしないでもないが、無難にこなしているのは間違いない。
キム・テヒは綺麗だから「まぁ、いいか」といった所。
ホ・ジュノがいなかったら、しまらない映画だったかもしれない。
彼の出番がもっと多ければ、さらに良かったのだが・・・



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gameriku.blog71.fc2.com/tb.php/328-90daacb4

 | HOME | 

管理人のつぶやき

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。