スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

ファン・ジニ 映画版

2011 - 03/21 [Mon] - 19:23

46点

2007年6月
原題ー황진이
監督ーチャン・ユニョン
脚本ーキム・ヒョンジョン
音楽ーウォン・イル


ソン・ヘギョ---ファン・ジニ/ミョンウォル
・関係者
キム・ユジョン---幼い頃のチニ
ユン・ヨジョン----ヒョドク(婆や)
チョン・ユミ-----イグム(小間使い)
イェ・スジョン---母
パク・チョロ----ファン・ジンサ(父)
イ・スンジン----兄
チェ・ジナ------ヒョングム(実母)

ユ・ジテ---ノミ(者)
・関係者
イ・ヒョヌ------幼い頃のノミ
オ・テギョン---ケトン(甥)

リュ・スンニョン---キム・ヒヨル(地方長官)
・関係者
ソン・ジノ---ヒョンバン(腹心の部下)

・その他の人物
パク・チョロ-------トボギ(チニに恋する若者)
チョ・スンヨン------ピョク・ケス(ミョンウォルの色仕掛けに引っかかる)
キム・ウンス------ソ・ファダム(聖人君子の老人)
キム・ブソン------チャンドク(妓楼の女将)
ソン・ミンジ-------メヒャン(妓生)
チェ・チュンボム---ポドチョン部長
パク・ノシク-------チェ・チュブ 
チョ・ギョンフン----過去のヒョンバン
クォン・テウォン----キム令監
キム・ビョンチョル---ナジャン


時間の制約もあってか、ファン・ジニの生涯というような内容ではない。
ファン・ジニ(ソン・ヘギョ)とノミ(ユ・ジテ)という男との関係に絞ったような内容になっている。
なので、ファン・ジニがどういう人物だったのか知るために観ようという人には全くお奨めできない。
そうじゃない人にも奨めないが(笑)。

主役にソン・ヘギョを起用した時点で、すでにこの映画は破綻してしまっている(そんな事くらい最初からわかりそうなものだが)。
ソン・ヘギョでは、どう見ても男を惑わすような女には見えない。
別にソン・ヘギョが嫌いというわけではないのだが、どんな役でもこなすような器用なタイプではないのは事実。
彼女に最も合わないであろう役をやらせたのでは話にならない。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gameriku.blog71.fc2.com/tb.php/332-474a06e9

 | HOME | 

管理人のつぶやき

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。