スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

ロマンチック・アイランド

2011 - 04/01 [Fri] - 15:54

58点

2008年12月
原題ー로맨틱 아일랜드
監督ーカン・チョル
脚本ーイ・ジョンソプ
音楽ー音楽ティオライナー

イ・ソンギュン---カン・ジェヒョク(JHホールディングス代表)
・関係者
チン・ソヨン-----サンダラ(妹)
ハン・ミョング---キム理事
チャン・ジイン---秘書

イ・スギョン---チェ・スジン(テソン貿易社員)
・関係者
イ・ヒョンスク-------母
ユ・ホングン--------父
シン・ミンギュ-------チュ・ミョンホ(弟)
ナムグン・ウンスク---友人
チェ・ソンジュン-----上司
イ・スンヨン---------キム代理(同僚)

イ・ミンギ---イ・ジョンファン(無職)
・関係者
ウ・ギョンジン------別れた恋人
チョン・ウイチョル---チ・ギョン(友人)

ユジン---ユ・ガヨン(歌手)
・関係者
オ・チャンギョン---オ社長
チェ・デソン------マネージャー

イ・ムンシク---パク・チュンシク(コンビニ経営)
・関係者
イ・イルファ---イ・ヨンスク(妻)
イ・ミナ-----ソリ(娘)
チョ・ムニ---友人

・その他の人物
チョン・チャンゴル---パトリック(ブローカ-)
チョン・グウク-------観光ガイド
ミンジ-------------キム・ヒョンジュ(女性旅行客3人組)
キ・ウンセ---------ユ・へラ(女性旅行客3人組)
キム・ビョンソン----ソ・イナ(女性旅行客3人組)

それぞれに事情がある三組のカップルの話(旅行先のフィリピンで知り合う二組のカップルと夫婦一組)。
基本的にはフィリピンが舞台になっている。

常々、韓国映画のストーリーはドラマとは随分違うなと思っていたが、この映画を観ると、そうせざるを得ない事がわかる。
韓国ドラマの場合は、紆余曲折の後にハッピーエンドに至るような物が多い。
それを二時間前後の映画でやろうとすると、途中がどうしてもエピソード不足にになってしまい、あまり感動させる事ができないのだろう。

↓ここから先はネタばれあり↓













この映画の面白い所と言えば、子供が殺し屋だという点。
しかも、標的を探すためにもらった紙に三人分のパスポート写真があったために、誰を
撃ったらいいのかわからない状態だというおまけ付き。

新年のカウントダウンのときに誰を撃ったかを見せずに、いきなりヨンスク(イ・イルファ)がひとりで韓国にいるシーンになる。
「ここから誰が殺されたのを明かすのを引っ張る展開にわけだな?、なかなか面白いじゃないか」と、この時点では思った。

ところが、子供の殺し屋はピストルを空に向かって撃っただけというオチだったのにはがっくりきた。
しかも、撃った後で「ハッピー・ニュー・イヤー!」と叫んで喜んでしまうとは・・・

所詮子供だから・・・という観点からなのだろうが、それ自体は悪くない。
ここは少し変えるだけで、面白いオチに変わると思う。
カウントダウンにつられて思わず空に撃ってしまったという事にしたらどうだろう?
実際には、そういう意味なのかもしれないが、それなら撃った後に「あ、しまった」という子供の表情を出してくれていれば、はっきりわかって良かったのだが。

↓ランキング参加中
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 韓国映画

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gameriku.blog71.fc2.com/tb.php/335-31f52dd6

 | HOME | 

管理人のつぶやき

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。